RCdesignのリフォーム&リノベーション

これまでに当社では数多くのリフォームも設計・施工させていただいておりますが、ただ単に現状復旧をする従来のリフォームだけではなく、そこに暮らす人にとってより使いやすく、ライフスタイルにあった空間に再生するリノベーションのノウハウも豊富です。

しっかりとした構造躯体であればその内装をより洗練されたデザイン、より暮らしやすい間取りに変更することが可能です。

過去に縛られることなく、不確定な未来に合わせる必要もない。

今の家族構成、生活パターンに合った住まいを実現し、その結果としてその住まいの資産価値をも向上させるのがリノベーション。

もちろん、介護に対応することや、最新の設備機器への更新、各部のメンテナンスも豊富な経験をもとに経済的なご提案をいたします。

【メンテナンス】
住まいにとってのメンテナンスは、私たち人間の健康診断のようなものです。
適切な時期に適切な修繕を行うことが大切。住まいの経年変化を受け入れ、
すぐに新しいものに取り換えるだけではなく手入れをし修繕を行うことで、
愛着ある住まいを育てていくことができます。
それは、病気と同様、早めに対処する、もしくは予防することです。

【ライフステージの変化】
ライフステージの変化とともに、何を最優先するかも変わってきます。たとえば、(子育て中心→子どもが独立し夫婦二人の時間の充実→定年後のセカンドライフ)こんな風に変化するとします。
子育て中心の時期には、何より家族団らんの時間が大切ですね。子供部屋が必要になり、子どもの成長によって子供部屋の機能も変化します。子どもが成長し独立すると、夫婦二人の時間や夫婦各々の時間が充実してきます。子ども部屋が空き部屋になり、納戸や夫婦の趣味の部屋やゲストルームに変わります。定年後は、さらに夫婦二人の時間、夫婦各々の時間がより充実します。少しずつ肉体的な衰えとともに生活も大きく変わるでしょう。孫と過ごす時間も加わるかもしれませんね。

【より快適を求めて】
住んでみると使いづらかったり、日常生活を送る上でストレスを感じることがあります。
そんなストレスをなくすことで、あなたの生活は確実に快適になります。
こだわりや趣味を追及する。
家族の一員であるペットとの生活を、リフォームによってより快適にする。また、住まいの性能自体を向上させることで、より快適に住まうことができます。
たとえば、
安全や安心のためにできること。
健康な毎日のためにできること。
省エネルギーのためにできること。
いろいろ考えられますね。

こうしてメンテナンスとリフォーム、さらにリノベーションを行うことで住まいへの愛着をより強めて欲しいと思っています。

結局は愛着のある住まいは育てていくものかもしれません。

私たちは日本の住宅が長寿命になり、これまでのような資源の無駄遣いや各世代に住宅ローンを背負わせるといったことが無くなり、本当の豊かさを感じられる国になって欲しいと願っています。

さあ、住まいに合わせた暮らしから、あなたらしい暮らし方、生き方に住まいを合わせてみませんか?

最後はここでも業者選びが重要です。

くれぐれもここで失敗しないようにご注意くださいね。

ここでもきっとお役に立てる無料セミナーをお申し込みください。